トイレが詰まったら自分で直せるトイレ詰まりの場合と業者を呼ぶ時のタイミング

トイレが詰まったら頭に思い浮かぶのが「ラバーカップ」ですよね。

でも詰まったからと言って何でもかんでもラバーカップを使えばよいと言う事ではないんです。

トイレが詰まったらまず、詰まりの原因を確認する事から始めて下さい。

ではトイレ詰まりの原因の見つけ方と業者を呼んだほうが良い時の原因の見つけ方をご紹介しますね。

詰まったものはなに?

ラバーカップを使える時のトイレ詰まりの原因はティッシュ詰まりや嘔吐で詰まった場合、残飯などを流して詰まった場合のみだけです。
もっとわかりやすく言うと「トイレに押し込んで流せる場合のみ」になります。

そもそも、ラバーカップは詰まったものに空気で圧力をかけて押し流すものなので使い方を間違えるとトイレの配管そのものを壊してしまい、最悪の場合トイレを新しいものに交換したり配管の修理工事を行わないと行けなくなるので高額な費用がかかる事になります。

ですのでもし、トイレに押し流せない物を詰まらせてしまったら絶対にラバーカップを使用する事を控えて下さい。

原因が分からない

トイレに何も流していないのに急に流れが悪くなり、水を何度も流しているうちに水位が上がってきて水が溢れそうになった。
このような詰まりの場合で考えられる原因は「あなたが気づかないうちに何か流してはいけないものが詰まっている」という可能性があります。

子供がいたずらをして何かを流していた場合、トイレの掃除している時にスポンジや道具を流していたなどなど。

結構、トイレで用を足す時にポケットに入っていた物が落ちていて気づかなかった事とかも多いです。

原因が分からないという事は、そういう事が多いって事です。

でも、便器から水が溢れていないうちは一度放置して様子を見たほうが良いです。
そのまま流れて解決する場合もありますので。まずは慌てないという事が大事ですね。

業者を呼ぶタイミング

トイレのつまりで業者を呼ぶタイミングは「自分で直そうと行動してみたけど直らなかった時」です。
特にトイレに流してはいけないものを流してしまったり、便器から水が溢れそうになった場合は業者を呼んだほうが良いですね。

なぜ、水が溢れそうになった時に業者を呼ぶ必要があるかと言うと水がこぼれ床にまで至った場合は、床が水でボロボロになり張り替えないといけなくなることがあります。

トイレの詰まり解消作業+床の張替えでさらに料金が高くなる場合があるので。

また、水が溢れたり、大量にトイレから水漏れをおこした時、アパートやマンションにお住まいの方は水漏れが原因で下の階まで水浸しになり迷惑をかけてしまいます。

状況によっては保険がきかない場合もあるので注意してください。

詰まりで怖いものは便器から水が溢れそうな時

何度も言っている事ですがトイレの水の水位が上がり便器から水が溢れそうな時っていう場合は、もう水が流れないというサイン。

人間でいうとわかりやすいと思いますが、満腹状態なのにご飯を食べると嘔吐しますし、もうお酒を飲めないのに飲むと吐きそうになりますよね。

それと同じことなんです。